69.ハーゲンダッツ

冬もアイスはおいしいですね~♪さて今日はハーゲンダッツ。

ちょっとしたご褒美にぴったりですね。

私は頑張った一日の終わりに食べるのが好きです。みなさんはどうでしょうか。

 

これからの楽しみなのが冬限定の「黒蜜きなこ」と「みたらし胡桃」の華もちシリーズ、売り切れ続出というくらい大人気ですね。私はまだ「黒蜜きなこ」を食べたことがないので、今年もぜひ発売してほしいです。

サイトは、商品やお知らせキャンペーンなど各コンテンツの見出し・画像・キャプションにデザインのルールを持たせていて全体的に統一感があり見やすい。写真と配色のバランスから可愛らしさも表現されている。

0 コメント

68.高橋手帳

そろそろ来年の手帳が発売される頃でしょうか。

私は来年も高橋手帳を買おうかと思ってます。

使いやすくて見やすいのがいいですね~。

サイトも色や材料、サイズとそれぞれ確認できるのでお店に行く前にチェックできてgood。

0 コメント

67.チロルチョコ

コーヒーブレイクのおともに~チロルチョコ♪

ひとつまみの幸せ~♡

食べだすと止まらない。。。

みなさんはどの味が好き?

私はやっぱり「きなこもち」

味もパッケージもバリエーション豊富なので、サイトの背景はあえてシンプルにして商品情報に目を向けさせるようにしている。

また、昨年人気だったROYCEとのコラボ商品をコンビニ限定で今年も発売するとのことで、この情報もあるのが嬉しい^^ 楽しみだなぁ~

0 コメント

66.ガリガリ君

もう秋なので季節外れですが、真夏には絶対必需品、ガリガリ君!

子供の頃からお世話になってます。

当たりがでたら なお嬉しいみんなに愛されるヤツ♥

マウスオーバーすると動きがいろんな隠れていて、子供も楽しめるサイトに工夫をしているのかな。

ナビにのっかるとガリガリ君が上からひょっこり出てくるしぐさもなんとも可愛らしい。

ガリガリ君ができるまでの工程が上から下に。各工程の写真がでてくるのでスクロールするのもこれなら楽しいかも。

0 コメント

65.ケンタッキー・フライド・チキン

食べたくなるなるケンタッキー。

やみつき醤油だれチキン、和風おろしチキンサンド美味しかった~♪幸せ~♥

 

サイトもトップ画像が今季イチオシメニューにしているので、他はシンプルな作りで目立たせている。

スライドになっているけど下のサムネイルで選べるから、ユーザのことわかってるぅ。

0 コメント

64.明治ブルガリアヨーグルト

美容に良いとして注目の発酵食品、ヨーグルト。お腹にもいいしね~。美肌は腸内環境を整えることから。

最近「飲むブルガリアヨーグルト」にはまっているので、今日の好きなサイトに選びました。

 

その中でもナビのメガドロップダウンメニューの作りが面白いと思った。

商品ラインナップならひとつひとつの商品がセルで区切られていて見やすくて、ユーザビリティが考慮されている。

私の好きなレシピもチェック♪

ヨーグルトを使った料理が300件以上あるのに驚き!

おかずやドリンク、スイーツなどバリエーション豊富で見ていて楽しい。

中には動画で紹介しているレシピもあってありがたい。

0 コメント

63.音羽山 清水寺

キーオブジェクトの画像は心が静寂に包まれるかのよう。メインコンテンツはグリッドデザインでインスタグラムにアップしているような荘厳な写真を並べれば、もっと清水寺らしく素晴らしいサイトになりそう。

0 コメント

62.伊勢神宮

なんとも神々しいサイト、さすが伊勢神宮。かといってお堅い感じもなく催しやアクセスなどコンテンツをグリッドデザインにしていることろを見ると、デザイン性もきちんと考慮していることが伺える。

0 コメント

61.ミスタードーナツ

すっかりハロウィン仕様になって可愛い。でもなんでスヌーピー?

子供から大人まで、誰でも楽しめて皆に愛されるドーナッツ。そんなイメージがサイトに表現されていて好き。

たまに食べたくなるミスド♪明日買いに行こ。

みんなに愛されるドーナッツはこうやって作られているんだ。

こだわりの原材料から徹底した温度管理まで、なのにお値段はリーズナブル!

ミスド大好き♥

0 コメント

60.伊香保温泉 福一

群馬県伊香保温泉にある旅館、福一。400年続くとあって、サイトのデザインから伝統や気品の高さがうかがえる。

伊香保の美しい山々や、温泉街の風景、料理の写真、その他素材でうまく表現している。

0 コメント

59.サントリー角 ハイボールごはん

はい、もう美味しいですw

サントリー角ハイボールに合う料理レシピ。

 

お肉・お魚・野菜・揚げ物などカテゴリともに種類も、なぜこれほど豊富なのというくらい充実!

それだけ、角ハイがお料理にあうってことですね!(角ハイに合う料理が多いのか?)

 

私も角ハイ大好き♥

0 コメント

58.ミツカン味ポン レシピ

CMで見て、めちゃ美味しそうなのでサイトでレシピを見ながら作ってみました。

なんともうましーーー!!すげーーー!!

 

お肉は柔らかく、酸味と醤油がしみ込んで、食欲もそそる秋にぴったりなおかず。

お酒にもごはんにもとても合います。

美味しいものを食べると、幸せになりますね♪

 

スマホサイトはレスポンシブ対応済み。

0 コメント

57.ヤクルト

ピンク色を基調として、乳酸菌の優しいイメージが伝わってくる。

画像も商品に合わせた写真を用いていて良い。

0 コメント

56.花園万頭

商品をグリッドデザイン3カラムで表示し、シンプルで見やすいデザイン。基調色として使用する紫色はお店のイメージカラー?とともに老舗の和菓子店というイメージ。どの商品も美味しそう!

0 コメント

55.カルピス

長年愛されている飲み物にも関わらず、派手さがなくて安心する、カルピスのイメージそのものである。

商品のイメージカラーである青を用いているのはもちろんのこと、カルピスのクリーム色をちゃんと背景色としているのも安心感を与える要因かもしれない。

スマホサイトもシンプルでありながら、カルピスの甘くて優しい味を感じさせる素敵な作りである。

0 コメント

54.JUJU ONLINE

歌手JUJUさんのオフィシャルサイト。大人の女性の中に可愛いさがあって、JUJUさんのイメージにピッタリのデザイン。

心に響く歌詞とどこか懐かしいメロディーがJUJUさんの歌の魅力だと思う。

0 コメント

53.ヤエガキ酒造株式会社

ランディングページで縦長のサイト。写真やその並べ方から、八重垣はどの様な環境で、どうやって造られ魅力は何だというのがわかりやすく表現されている。ランディングページの作りとして参考にしたい。

0 コメント

52.Mon cher モンシェール

画像や書体から、少し高級だけれども可愛いくてみんなが憧れる洋菓子というイメージ。背景の濃いブラウンもその効果を示している。

スマートフォンはレスポンシブウェブデザインで対応。urlはそのままでスマホも見れる。

0 コメント

51.森羅 sinra

器の販売のサイト。ナビをクリックすると器がランダムな動きで入れ替わり、面白い。

0 コメント

50.SONY デジタル一眼カメラα

黒をベースにしたカッコいいサイト。

プロのカメラマンによる写真の撮り方、しかも技術的なことと共に表現とは何かということまで紹介してくれる。しかもそれらは記事として更新されている。

カメラが好きな人にはたまらない。

しかもレスポンシブ対応で画像もウィンドウ幅に合わせて拡大縮小する。つまりフルードイメージだ。

端末ごとにアドレスを変えるサイトがほとんどだが、ちゃんと対応しているのは、さすがSONYである。素晴らしい~!

0 コメント

49.エールフランス航空

航空会社のサイトも品が良くてオシャレ。さすがフランス。

写真だけでなく、使用している色の彩度・明度のバランスがそれを象徴している。

青・赤・白をベースにしているのは国旗を表しているのだろうか。

イケてます!!

0 コメント

48.キヤノン EOS

キヤノンの一眼レフカメラのサイト。

グリッドデザインが美しい。

マクロレンズの紹介ページ。

作品例を配置して、撮影方法をビジュアル的にわかりやすく伝えている。

0 コメント

47.テレ朝 ごはんジャパン

私の好きなテレビ番組「ごはんジャパン」。

シェフやタレントさんが日本の美味しい食材を、現地を訪れ紹介する。

 

テレビで聞き逃してしまった情報をサイトで確認できるのが良いところ。

0 コメント

46.東京メトロ

東京メトロのキャンペーンサイト、「すすメトロ」。

なぜドラえもん?

今年の4月より、企業理念のもと「東京をもっとより良くしたい」をコンセプトとして、ドラえもんを起用しわかりやすく伝える。

 

駅構内図の中に、点在した虫めがね。小さく揺れていると思わず押したくなる。

また、乗客の安全のためホームドア設置を推進していることも好印象である。

 

硬くなりがちな企業ホームページだが、ドラえもんを起用することでユーザーにうまくアプローチしている。

東京メトロの

0 コメント

45.アサヒスーパードライ スペシャルサイト

今日から9月。まだまだ暑いですが今月も楽しい日を過ごしましょーー。

 

さて、今日ご紹介するサイトは「アサヒスーパードライ」のスペシャルサイトです。

1商品だけのサイトですが、商品紹介、受賞歴、トレーサビリティなどファンにとってはたまらない情報がたくさん詰まっています。

 

料理を背景にすることで、「うまい!」が伝わってくる。

 

キレ、のど越しがたまらない、「アサヒスーパードライ」。

やっぱり仕事終わりの初めの一杯はコレですね。

こちらはスマホサイト。

ヘッダーの2つのナビはすべてハンバーガーメニューにしている。

0 コメント

44.シンガーソングライター 小川ひなこ

今回は、コーポレートサイトではなく、シンガーソングライター 小川ひなこさんのオフィシャルサイトです。

画像なのでわかりずらいですが、トップページはライブの動画が流れます。

スクロールせず1ページからナビをたどっていくことができるので、ユーザーは情報を見つけやすくて良い。

こちらはスマホサイト。ディスプレイの幅を認識してサイトを表示する、つまりレスポンシブ対応がされています。

ユーザーにもクローラーにも優しいサイトです。

0 コメント

43.ホットペッパービューティー

情報は豊富なのに、整理されていて見やすい。

なぜか。

・キービジュアルの右にグローバルナビを縦に並べ、画像も下にスライドしている。

・ヘッダーの高さを低くし、メインに目が行くようにしている。

・画像やバナー以外で使用する色彩がシンプル、彩度も低め。

・隙間をうまく利用しているので、各カテゴリがグリッドで仕切られているように見える。

スマホサイト。

1カラムにし、情報もスマホで見るのに必要最低限の量だ。

0 コメント

42.流山中央病院

グリッドデザインで見やすく、ユーザーの目線を考えたサイトである。

ナビにピクトグラムを使用して誘導が上手い。

そのほか、画像にキャプションを加えるなど工夫がされている。

メニューの横にアクセスをピクトグラムでヘッダに置いているところは、ユーザーの知りたいことを重視していることがわかる。

0 コメント

41.コーセー

3カラムでグリッドデザインにより見やすい。ブランドもサムネイルで作られているので選びやすい。ユーザー目線で作られているのがわかる。

各コンテンツも画像とキャプションによりパッと見で何を言っているのかが伝わる。

ぜひマネしたい。

スマホサイトも2カラムですっきりなデザインである。

0 コメント

40.熊本 デイサービス ever green

前ページ1回のスクロールで全体をみられるサイトの作りである。ユーザーが負担にならない優しい作りであり、さらに会社のコンセプトやどんなサービスを行っているのか的確伝わってくる、非常にお手本になるサイトである。見習いたい。

0 コメント

39.テレビ朝日

テレ朝は好きなので、朝のニュース「グッドモーニング」から夜のバラエティ、ドラマをよく見る。相棒は特に好き。10月からはドクターXが放送開始されるので、これまた楽しみが増えた。大門未知子の名ゼリフ「私、失敗しないので」うーん…言ってみたい一言。未知子、素敵ょ。

 

さて、テレ朝のサイト。あっさりした感じがするが、番組を探すには見やすい作りだし、右側に今の時間放送している番組が色で示してあってわかりやすい。

 

なんで見やすいのか。クリックするのはなぜか。すぐサイトを離れないのは。

理由は文字の大きさ、ジャンプ率、余白の使い方がうまいのかもしれない。

スマホサイトも文字はそれほど多くなく、見出しがほとんど。画像は大事だなと思った。

それだけで伝わるし、スマホから見るならイメージの方が効果的かも。

0 コメント

38.Wiz.Dog Club

犬のしつけ教室のサイト。動物関係のサイトであまり見やすいイメージはないが、こちらは、ドッグトレーニングというコンセプトが明確であるのと、さらにキービジュアルで飼い犬の困った内容が視覚的にわかるので、伝わりやすいサイトである。

0 コメント

37.Reebok

グリッドデザインで商品を並べきれいに整理されていて、わかりやすく美しい。

ルートディレクトリがスマホサイトになっていて、PC用サイトがその直下の階層になっているので、モバイルファーストな作りなのか。

0 コメント

36.mont bell

スクロールは1回で見れるシンプルで見やすいサイトである。ナビでカテゴリやサイドバーに内容をわけるなど情報の整理がされている。

スマホサイトも縦長ではあるが、見る人が欲しいだろう順に情報が並べられているのが、とても良い。

0 コメント

35.東京ディズニーリゾート

ディズニーなのでもっと派手かと思いきや、意外にもシンプルな作りで、最近のサイトらしさが出ている。

グローバルナビは、色相の幅が広いが一方で明度・彩度は抑えていて、子供だけでなく大人向けであったり、キービジュアルやメインの内容より目立たない作りにしている。ピクトグラムを使用して、サイト内の案内もわかりやすい。

キービジュアルもスクロールしない範囲にきちんと収まっている。

0 コメント

34.KIRIN キリン

グリッドデザインで商品を並べ、わかりやすく見やすいサイトである。

モバイルサイトでは、さきほどのグリッドは、カラム落ちさせ、2カラム表示。こちらも見やすく、ぜひ真似したいデザインである。

0 コメント

33.エミレーツ航空

エミレーツ航空の海外サイト。派手さはなく、シンプルな作りで分かりやすい。キーオブジェクトの中にホテル予約、レンタカー予約のナビを置いて、スペースの使い方が参考になる。無駄がなくて良いサイトである。

スマホも実にシンプル。グローバルナビはハンバーガーメニュー、フライトやホテル予約のナビは2カラムのボタンにしている。こんな作り方もあるんだ~。

0 コメント

32.じゃがりこWeb

カルビー「じゃがりこ」のスマートフォンサイト。基本的なサイトの作りだが、色使いをみると色相が多く、明度・彩度が高めのことから子供向けと推測する。

カラフルだが、まとまっている。なぜか。色の種類が5つくらいに絞っているのと、明度・彩度が同じであるからだと思う。

 

0 コメント

31.梅林堂

画像やフォントファミリー、サイズ、色などから、奥ゆかしさを感じ、まさに和菓子にピッタリなデザイン。

また、商品の画像が横に3つ、5つなど必ず奇数で並べている。偶数だと人の目が迷ってしまうからだとか。奇数だと決めやすいらしい。逆に、ボタンなどのオブジェクトは2つ、4つなどに並べるとバランスが良いのだという。

モバイルも対応済み。

こちらも、PC同様に和菓子をイメージさせるデザイン。とても可愛い。

和菓子の画像と説明をfloatし、それぞれ縦に3つ続く。画像は視線誘導としてZ字の流れに沿っている。

”和”の色使いの勉強になった。

0 コメント

30.ポカリスウエット

テレビCMからも、学生をメインターゲットにしている感じがある。商品を使って高校生らしい面遊びをしていて面白い。商品をもっと身近に感じさせる作りだ。

0 コメント

29.Big Island Candies

ハワイ島にあるチョコレート店。オレンジを基調色としているが、ヘッダーとフッター、画像で使われているだけなので、ごちゃごちゃしていない。

ファーストビューでキーオブジェクトが収まっていて、お店の特徴がわかりやすい。

グローバルナビは、カテゴリを並べてるだけではない。

マウスを乗っけると、商品の画像がちゃんとでてくる。

 

全体的に、可愛さの中に品がある。ハワイのお土産といえばココ!というくらい、貫禄のあるサイトでした。

0 コメント

28.脱毛専門あん

地元の主婦をメインターゲットとしているため、モバイル対応はもちろん見やすさに配慮している。また、脱毛にもいろんな施術の方法があり、中には痛みを伴うものもある。

ユーザーにわかりやすくお店の施術方法を図を交え、説明を行っている。

0 コメント

27.月桂冠 伝匠

黒を基調色としていて、『匠』、『伝統』というイメージが沸く。ページがほぼ画像一枚ではあるが、非常に存在感があって、グローバルナビも縦書きで素敵なサイトだと思った。

0 コメント

26.あらい農園

野菜販売のサイト。ただ野菜を売るだけの目的ではなく、生産者の思いやこだわりが書かれている。

また、きれいごとだけではない、野菜を育てるのに様々な苦労を伺うことができ、私たちは自分たちの生命維持のために動物を犠牲にしたり残酷なことをしている。命を頂くということはどういうことなのか、考えるきっかけになった。

 

お米、野菜、魚、肉、自分が普段食べるものには、たくさんの方々の工夫や苦労があることを忘れてはいけないと改めて思った。

食に対する意識がちょっと変わった。

 

 

もちろん、ホームページの作りも凝っていて、このページは栽培中の野菜の成長をわかりやすく説明している。

全体のつくりも、テントウムシをモチーフにするなど可愛らしい作りで、私は好きだ。

0 コメント

25.サントリーウィスキー響

気高さとはこういうことか。美しいサイト

画像と黒と紫色(#340337)をバランス良く使用し、気品の高さを表現している。

なおかつ、大人の楽しみ・贅沢ということを表現している。

0 コメント

24.奥志摩

パッと見て飲食店で、明るく活気のあるお店だとわかる。地元の新鮮な食材やこだわりのあるお店である。また、使用する色彩が暖色系が多く、食欲をそそる色を使用している。

キービジュアルで複数のサイズの異なる画像をボックスで並べ、フェードアウトで画像が変化するので、料理だけでなく、お店のスタッフや店内の様子がわかり、人の目を引く。ぜひ行ってみたいお店だ。

0 コメント

23.赤羽アピレ

色使いや背景の画像から女性客をターゲットにしているのが明確である。またページの下の「アピレは赤羽女子を応援します」のメッセージから地元住民を大切にしているのがわかる。

header、footerで女子っぽい作りの分、content部分は背景白で3カラムにしてスッキリすることで、全体的に地味になることなく、まとまりのあるページになっている。

0 コメント

22.M&M'S

1ページですべての情報を紹介している。縦長だが、それぞれのタイトルに飛ぶようにナビボタンを置いている。可愛い絵だけでなく、ときどきアニメーションも取り入れているので面白く、見る側がスクロールしてても飽きることがない。

0 コメント

21.綾鷹

日差しの強さから夏を感じるが、モデルの着物が薄い鶯色とまとめ髪から夏の暑さの中に透明感や涼しさを感じ取れる。キャッチコピーの「新スッキリ緑茶」を画像で表している。さっそく参考にしよう。

0 コメント

20.セレクトショップ Strange Garden

ファーストビューでとても可愛らしいお店!と感じた。町のオシャレな雑貨屋さんというのがきちんと伝わってくる。商品の紹介も3カラムでそれぞれ画像にして、クリックするとRightBoxで他の商品も見せており、よく工夫されているなあと思った。

また、「ページのトップへ戻る」ボタンもウサギのモチーフで、しかもぴょこぴょこ動きがあって、女子の可愛いをくすぐる工夫をなされている。

0 コメント

19.ピーナッツカフェ

ナビのTOPICS以外は全て一つのページに収めてあり、それぞれがPC画面の高さにピッタリ合っていて、スクロールまたは右のボタンで選択したときの挙動が面白い。

MENUもFOOD、CAFE、NIGHTと3カラムで右左にスライドし、かわいらしい作りだと思った。

CONCEPTの内容も、お店のイメージがよく伝わってきた。

0 コメント

18.竹鶴ピュアモルト

キービジュアルで、商品を3本並べ、背景をゴールドを中心からグラデーションをかけ、竹鶴の琥珀色と繊細で丁寧な味を表していると思った。

グローバルナビも同様に中心からゴールドのグラデーションをかけ、他のサイトでは見ないナビで、竹鶴らしさが出ている。

0 コメント

17.角ハイボール

角ハイボールは、色んな料理に合うウィスキーであるためか、ページ全体が食欲をそそる色(#FABE00)だ。ハイボールに合うレシピも公開している。

また、カラムレイアウトで商品の紹介、作り方、製造工程をすっきり見せているのが良い。

ハイボールの画像は、喉を通り過ぎるスッキリした味わいやキレをイメージさせる。さらに癒しの井川遥さんを起用し、仕事終わりにぜひ飲みたくなるサイトである。

0 コメント

16.日林水産

養殖のブリを扱う会社のサイトで、ブリが育つ環境を紹介するページ。ファーストビューで日振島の夕景に涙が出そうになった。綺麗な風景に鳥肌がたった。またページの色使いから、魚の新鮮さ、食品を扱う上で重要な衛生さの高さが伝わってくる。写真やアクセス図の青が新鮮さ、枠線の黄色、タイトルの背景の柄画像から衛生さを表現している。

お魚大好きな私は、このサイトが気に入ったし、この会社の商品が欲しいと思った。

ぜひ、11月の解禁の際には、ぶりを購入する予定。

ぶりしゃぶ、楽しみだな。

0 コメント

15.癒し処 まごころ庵

ファーストビューがタイトルのとおり「癒し」を感じる。お店のイメージをきちんと伝えているホームページである。文字の色も黒ではなくグレー:#666666 を使用。他に2カラムの左側の店名も、opacityをかけた背景にのっけている。さらに下の画像に花を用いることで「まごころ」感が伝わってくる。

0 コメント

14.エアウィーブ

「眠りの世界に品質を」のタイトル、キャッチフレーズが企業のイメージとして定着しやすく良いと思った。

ブラウザの下部にある下矢印をクリックすると次の内容に続くのが、他のサイトではまだ見たことがなく、面白いと感じた。サイト制作の参考にしたい。

0 コメント

13.ジミーチュウー

Youtube動画をキーオブジェクトとしてページ上部に置かず、むしろ最後に置いているのが良いと思った。もし上部にあると、視点がそこに集中してしまい、私なら商品を探したり、店舗検索せずに帰ってしまうからだ。

商品数が多いため、グローバルナビにカテゴリに分け、ドロップダウンリストで表示している。カテゴリの仕方がわかりやすく、見たい商品をすぐに見つけられ設計がよくできていると思った。

0 コメント

12.ミュゼプラチナム

企業カラーの水色をメインカラーとし、周知したい内容は大きい画像と文字さらに補色を使用。周りの内容は小さく、薄い色にすることで強調している。また色使い、書体の使い方によって脱毛サロンとして重要な清潔さを表している。

0 コメント

11.メナード化粧品

ヘッダーとグローバルナビのデザインが気に入った。グローバルナビをイメージカラーの紫色で塗らず、代わりにヘッダーの上部のラインを紫色にしている。たったこれだけだが、イメージカラーは主張でき、かつグローバルナビの存在感もきちんと感じさせる。

0 コメント

10.ウィスキー白秋

画面いっぱいに写真をcrossfadeのように切り替わっていく。その上に商品、文字、グローバルナビを、ヒトの見やすさの幅960px以内にそれぞれ配置している。またその配置の仕方も計算している。商品とグラスと説明文の3つについて、底辺がそろっておらず、バランスが悪いように見えるが、それぞれの重心をつなぐと三角形になる。つまり商品に視線が向くように配置している。

写真が変わるだけでなく、その上に載せる内容も変わる。最初のページとは別に今度は、透明度をもった黒の背景に白い文字を置いている。

0 コメント

9.モイストダイアン ボタニカル

画像を全画面表示にして、鳥や花がランダムに四方八方へとアニメーションをさせている。レイアウトに使う色は緑色、花の飾り、モデルの顔や髪の様子から自然、植物、美しい、清潔、癒し、リラックスを連想させる。最近の美容や健康への意識の高まり、つまりトレンドの「ボタニカル」を上手に取り入れ、表現している。また四隅(左上、右上、右下、左下)に飾りを置くことで、視線がシャンプーとモデルに向かうことで安定した作りである。

0 コメント

8.明治製菓

グローバルナビは、活動内容とサービス内容を、2行目に商品のカテゴリ別にボタンが並ぶ。1行目の方が少し大きめでレイアウトも多め。背景色はグレー5色くらいと白、文字色は黒など、無彩色を使用しているのと、レイアウトもボタンを縦棒で仕切るか四角形の囲みというシンプルなデザインであるため、Webサイトを見たときに一番にメインの内容の方に目が向く。メインとのサイズのバランスがよくできている。

メインは、3カラムで要素のレイアウトは、グローバルナビと同じように、背景色は無彩色を使用しており、中身の内容である商品やキャンペーン情報など目的の内容が一番目立つ作りになっている。

0 コメント

7.ローソン

ヘッダーにある、グローバルナビは、文字色・背景色は無彩色、ボタンどうしの仕切りを縦棒にしているのみ。やはりメインを引き立てるため、あまり目立たない作りになっている。

メインは3カラム構造。上部のキーオブジェクトのスライドも両脇の切り替えボタンを薄く表示していてこちらもユーザーの意識が商品やサービスに向くようにするため、目立たせない。

メインの内容についても各カテゴリをブロックにして、企業が見せたい、ユーザーが見たい順番に左上から並べている。(新商品のCM動画→新着情報→おすすめ情報…→ニュースリリース、地域限定情報→お知らせ)

0 コメント

6.VIEW SUICA

グローバルナビの存在感がこれまでのサイトと比べると大きい。

トップページは、サービス内容、機能の説明、入会方法から新規ユーザ向け、他のページは、上記内容の詳細、ポイントの貯め方・使い方などから、既存会員向けとなっている。

以上のことから、グローバルナビの必然性があることがわかる。

0 コメント

5.いろはす

グローバルナビにて、水の安全、安心だけでなく、ストック方法など防災時の対策を水の重要性も伝えている。また、グローバルナビをロールオーバーすると、サムネイル表示される。隣のボタンとの仕切りはなく、背景色もbodyと同じ。文字だけしか表示していないのに、ナビボタンの存在を認識できるし、目立ちすぎてもいない。ロゴや本文など他の要素とのバランスが良い。

0 コメント

4.青山フラワーマーケット

スライドをTOP画面いっぱいに表示し、企業側が'今'伝えたい情報、ユーザが'今'欲しい情報がすぐ手に入るように設計されている。「お誕生日」や「結婚式」、「母の日」のギフト、など季節によって内容は変わる。

またグローバルナビを、body背景色と同じにして線はつけないことで目立たないようにし、ユーザーの目がメインの内容に行くように工夫をしている。

ローカルナビも白の長方形の囲み以外装飾はせず、シンプルな作り。

メインは、トピックス→コンテンツ→ニュースと、おそらくユーザーが最も欲しいであろう順に要素を配置している。

0 コメント

3.グリコ

top画面の左側にグローバルナビ、残り右側にメイン内容を表示し、全体的に見やすい。

グローバルナビはカテゴリ別にまとめており、各カテゴリでクリックすると関連ページ一覧に切り替わり、選択できる仕組み。また背景は赤、文字色は白、互いの仕切りは下線(border_bottom)のみでシンプルにしている。

グローバルナビを目立たせない様にしている分、メインの方に目が行きやすい。

0 コメント

2.NARS

メガドロップダウンメニューを使用したサイトを見つけたので、どのように使っているのか参考にする。ナビゲーションボタン、つまり商品の各カテゴリをロールオーバーするとそれぞれのサブカテゴリが表示され、階層構造をわかりやすく表示さている。たくさんの商品やサービスを持つお店のサイトを構築するときにメガドロップダウンメニューを使いたい。

トップページ全体の構成は、商品の宣伝を画像、動画で表示している。動画については、メイクブラシの宣伝のようだがいまいち何を伝えたいのかわからない。

黒を基調色としているので、会社のイメージカラー、NARSのサイトということはすぐにわかる。色彩計画の参考にしたい。

フッターのナビの部分が右揃えなのは、サイトの上部ヘッダーが左揃えになっていて、それに続いてサイト全体をZを書くようにユーザーの目線を誘導するためかと考える。

1.タリーズコーヒー

写真画像の中で補色の関係をつくることで商品を主張している。レモンとケーキの層にある黄色と、テーブルの水色、「CHIFFON」の青文字色。そして、「Cake」の文字を右斜め上方向に配置することで、「CHIFFON」の文字の延長線で交わり、その先にケーキが存在するため、見る人の目線の誘導の計算がされている。

0 コメント